スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3・13~14

13日は、ツィッターのつぶやきを見て声をかけていただいた、市川に住んでいる中高時代の懐かしい先輩(と言っても1年に1度はあっていたのですが)のお宅に朝早くからお邪魔させていただきました。

やっぱり日本人はお風呂に入らないとダメですね。特に自分は自転車のトレ後と夜、1日2度入る生活をしていたので、なかなか疲れが取れず大変でした。
体を完全にリフレッシュさせていただいた上に、さらに2度目の朝ご飯やお水までいただけてとても助かりました。


なんだか色々と考えたのですが、

自分は一人で生活力はとてつもなく弱い。
さらに一人でいるのは辛い。
できる限り頼れるところは遠慮せず頼らせていただこう。
でもその分、他の困っている人の力になろう。
恩返しは次の人へ。

と。


帰りがけに長靴をゲットし、装備は万端。庭とかは放置して今日は地区内の手伝いに回ります。

自分の通りはまだマシだったと思えるくらい、大変な地区は大変そうです。道路自体にすでに十センチ以上土砂が積もっていて、泥が溜まって車が下まで埋まってしまっているご家庭も多い状況。
最低限、玄関の出入りができるように、車を出せるようにということで、大変そうなところの手伝いをします。

ねこ車って名称を始めて知りました笑 ねこねこ言ってるけどなんなんだろうなーって不思議でした。

1299982294716.jpg

ひと段落ついて後は重機任せという状況になったので、お昼休憩で自宅でピザ食べます。実は朝からガスが途絶え、ついに電気のみの生活に。
さらに自治会の集会場でどこか手伝えるところあるか聞きに行ったら、差し入れまでいただけ、オニギリをたらふく食べれました。すでに4食目!保育園の方がボランティアで炊き出しをしてくれたということらしいです。

その後いったん地区内の別の場所を手伝った後、隣の丁目へ行きます。
うわさには聞いていたのですが、こちらの地区は本当にひどい状況。

2011-03-13(5).jpg
なんだか曲がってしまった電柱等

2011-03-14(2).jpg
液状化+水道管の破裂により大変な状況になってしまっている通り

数人でグループを組んで、自治会経由で依頼が入っているおうちの手伝いに行きます。

20センチ近く道路の上に土砂が溜まっているところや、水道管の破裂で水浸しになっているおうちなど、すごい状況のところがたくさんありました。

2011-03-13(3).jpg

5時ごろになってボランティアは終了ということで家に帰ります。

向かいのお家がシルクドソレイユのスタッフとダンサーさんなのですが、あまり情報が入ってきていないようで、ガスのつけ方とか、停電の情報とかいろいろお伝えしていました。そのタイミングで
「モリサン!キョウハディナーバーベキューパーティーネ!」
と誘われていました。各家庭で色々持ち寄ってということのようで、お肉を持って夕方庭を訪れます。

実はお隣さんも斜向かいさんも福岡出身!こんな被災地で楽しくBBQするの、おかしいよね~笑 と言いながら、4家庭で食べまくりました。食材もお仕事関係から持ってきていただいた、美味しい牛、イベリコ豚や黒豚味噌漬け、馬刺し、鶏丸ごと等、とにかく美味しい!
途中からたくさんの外国人が合流してきて、酔っ払ったお父さんたちとワイワイ楽しんでいました。

2011-03-13(8).jpg


全然ご家庭の構成とかどんな人が住んでいるのかとかも知らなかったのに、この震災を気に一気に近づけた気がします。


14日もライフラインは電気のみ。今日は停電という情報もあり、朝ごはんを準備するために5時おき。しかしグループが変わったり、実際には停電しなかったりということで、助かりました。

朝起きてとりあえず班長さんに今日も手伝える旨を伝えると、
「連絡私に来るから、うち来てコーヒーでも飲んでて!」
とのお誘いが。一人でいるのは相変わらず辛いので、お邪魔すると犬が!
やっぱり温かみを感じられるのは重要です。
2011-03-14.jpg

お話を伺うとつい最近亀山湖で拾ってきた捨て犬らしいです。

今日の作業も隣の丁目へ。ご主人が出勤されているということもあるのですが、とりあえず自分のところが片付いたということで家から出てこられない方が多いらしく、人手不足なところを重点的に手伝います。

ある意味地元ということでちょっとした連絡係へ。地域の人たちとのコミュニケーションって難しいですね。昨日も感じましたがボランティアの限界というか、その要望はあなたが良くても他の人は困るでしょうというものが多かったです。無理な要望に対しては、緊急性を説明し、他にもっとひどいところがあってそこに行かなきゃいけないと伝え、できる限り穏便に済ませるしかありませんでした。

10件弱回って一番うれしかったのが、ここのお宅。

2011-03-14(3).jpg

タイヤが半分くらい埋まるくらい土砂が出ていて、結構掻き出しても全く動かなかったのですが、上から下から横から中からとにかく色々試しつつ、みんなで色々やってようやく動いたときは本当にうれしかったです。被災者の方と記念撮影まで撮ってしまいました笑

今日は都内の高校生が自転車で駆けつけてくれました。高校3年生で卒業まで暇だからと言っていました。頼りになる。そして気付いたら自分も頼られる歳になっていたんですね。いつも先輩とか年上に混じってそういうことやっていたので、なんだかタメ語で話して、敬語使われる立場が新鮮でした。
さらにキリスト教関係の方でしょうか、外国人の方が5~6人で集まって手伝ってくれました。ありがたいし、彼らはとにかくにぎやかで一緒に作業していて楽しい。明日からなるべく盛り上げながら作業しようかな。

ていうか、中町元町にも暇な人いるでしょう。県またいできてくれているんだから、同じ市内でなぜ手伝おうとしないのか。停電に対して文句言っている場合じゃないだろう。激高した市民一人の対応に職員が1~2時間割かれているという市長の記者会見あったぞ。

お昼はまた差し入れいただきました。私財を投げ打って、店閉めてボランティアの炊き出しを中心に精一杯やってくれているところがあるらしい。こういうところにも義援金は回ってこないのだろうか。


今回感じていること+備忘録
・お風呂は大事
・こういうときの孤独はあまりよくない
・本来の意味でのボランティアとは外れるのかも知れないが、ぶっちゃけ人といて体動かしていたほうが気が楽なのと、買い物も含めて一人だと色々と難しい食事がどうにかなるので参加している面は大きい
・自治会とか市議会員とか普段知らない人たちの苦労や努力を知った
・日本人としてのアイデンティティをくすぐられたり、自衛隊、警察、消防団、外国の救援部隊などの活躍を見たり聞いたりすると、涙出てくる。完全に涙のハードルが下がったというか倒れている
・やっぱり家の傾きは慣れない
・一応上智には被災者として連絡しておこう。お金もらえるかも。地震以降、長靴・軍手・マスクや食事等お金がかかりすぎてる
・自転車のりの体になれるかも(シャカリキ的な)
・この流れで東北まで行ってしまおうか
・卒業式は普通にあるつもりなのか
・引越は普通にできるのか
・傾いた家はどうなるのだろうか
・足の痛みはいつなくなるのだろうか
・スーパーでは普通に買い物できるのだろうか

明日以降も体が動く限り頑張ります。もしかしたら頼らせていただくところ等あるかもしれませんが、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

maihama

Author:maihama
はじめまして、舞浜です。
舞浜という名前ですが、今は山口県宇部市に住んでいます。
自転車ロードレースやっています。
内房レーシングクラブという木更津のチームに所属しています。

※東ヨーロッパの旅行については、下のカテゴリーからヨーロッパ旅行に進んでください。ご質問もいつでも受け付けているので、コメントください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モラタメ
登録すればいろいろな商品をもらえたり試せたりします!抽選だけど、案外もらえてうれしいです笑
FC2カウンター
twitter
リンク
検索フォーム
トリップアドバイザー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。