スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ遺伝子テストベーシック3の結果報告

先日、チーム掲示板で募集させていただいた、スポーツ遺伝子テストの結果が来ました。

自分は2月17日には送ったので、2週間ちょっとで届いた感じかな?

2011-03-06 16.23.11
加工めんどくさくて実名さらしちゃってます(笑)まあちょっと調べればリザルトとかからすぐに分かることですしね


結果は・・・

ACTN3遺伝子:RXタイプ

ACE遺伝子:IIタイプ

UCP2遺伝子:AAタイプ

ちょっと意外な結果でした。


ACTN3遺伝子・・・筋肉の構造に関係する遺伝子だそうです。RR(パワー・スプリント)、XX(持久力)、RX(中間)の3種類があるそうで。ちなみに日本人の6割はRXタイプらしいです。

RXはパワー/スプリント系および持久力系のいずれの能力も優れた資質を有していると。ただ逆に言えばどっちつかずってことでもあるわけですよね。

いろいろと説明読んでて面白かったのは、強豪大学の駅伝部の選手について調査した結果、成績が良かったのはRX、XX、RRの順で、血中乳酸濃度が高かったのはRR、RX、XXの順だったというもの。駅伝みたいなのだと持久力とともにスピードも必要だからということでしょうか。

後、Xタイプが入っていると疲労回復に時間がかかるので、積極的休養をとることをすすめていました。


ACE遺伝子・・・全身持久力に関わる遺伝子です。VO2MAXとか筋繊維タイプに影響を与えるそうです。II、ID、DDの3種類があるそうです。

IIタイプは全持久力系のトレーニング効果が最も現れやすいタイプで、遅筋繊維の割合が多いと考えられているとありました。


UCP2遺伝子・・・運動エネルギー効率に関係する遺伝子で、骨格筋や白色脂肪細胞中に存在し、活性酸素種の消去や運動中のエネルギー効率、また肥満との関わりに影響があるそうです。

AAタイプは、エネルギー消耗型。エネルギーを消耗する反面、太りにくいという体質をあわせ持っているそうです。栄養補給や普段の食事の摂り方に注意が必要(=ちゃんととらないとばてるよ)とのこと。


まとめると、パワー/スプリント系と持久力系の中間型、ちょい持久力寄りといった感じでしょうか。でエネルギーは消耗しやすいタイプだと。

始める前は、どちらかというとパワー/スプリンター型の結果が出てくるんじゃないかな、と思っていたので、(昔から長距離より短距離のほうが得意だった)結構驚きです。
ただ昔から練習序盤は良くても後半にかけてばてやすいタイプだった気がするので、エネルギー効率については納得です。再確認できた。でも太りにくくは決してない!笑

これで、平地系のレースやスプリントのレースとは縁をきっぱり切って、心置きなくヒルクライムに重点を置けそうです。後、練習中の補給は気にすることなく食べれそう笑
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

maihama

Author:maihama
はじめまして、舞浜です。
舞浜という名前ですが、今は山口県宇部市に住んでいます。
自転車ロードレースやっています。
内房レーシングクラブという木更津のチームに所属しています。

※東ヨーロッパの旅行については、下のカテゴリーからヨーロッパ旅行に進んでください。ご質問もいつでも受け付けているので、コメントください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モラタメ
登録すればいろいろな商品をもらえたり試せたりします!抽選だけど、案外もらえてうれしいです笑
FC2カウンター
twitter
リンク
検索フォーム
トリップアドバイザー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。