スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ旅行まとめ

ようやくまとめ終わった旅行記。個人的にはアルバムでまとめるほうが好きだったので、ブログは進みませんでした。最後に旅のまとめでも。


街ランキング
今回行った街のランキングトップ15です。

1.ピラン
2.チェスキークルムロフ
3.リュブリャーナ
4.ブラショフ
5.ブレッド湖
見事にスロヴェニアが入りまくってます。でも本当に最高でした。

6.ブダペスト
7.ワルシャワ
8.グラーツ
9.イスタンブール こっちもイスタンブール
10.ウィーン
定番どころがようやく出てきましたね。まあそんくらいな感じだったんですよ自分的には。

11.ザルツブルグ
12.プラハ
13.クラクフ
14.シギショアラ
15.ショプロン



東ヨーロッパに関して。
・モノはすごいたくさんあったしお店も多かった。けど財政的な問題なのか、インフラ整備が全然。道路ぼこぼこ。窓割れっぱなし。掃除も全然されてなくて道汚い。
・そしてみんな基本的にタバコ吸ってた。老若男女問わず。タバコ良くない。
・9月はすでに初冬。日本とのギャップがやばかった。
・同じ東ヨーロッパというくくりでも、国によって雰囲気が全然違う。建物は結構似てるけど、人々が全然違った。ただ、ヨーロッパ人と日本人は全然違うと思った。基本的に日本人のホスピタリズムは異常だと思うくらい、向こうはひどかった。後まじめだとちょっと損する。そんな感じ。



この旅の反省。今後の旅で活かしたいこと。
期間。1ヶ月はちょうど良かった。お店とかにあんまり入らない自分には若干長すぎたかも知れない。正直ヨーロッパの町は小さいので、本気出せば1日で回りきれる。そして夜が暇すぎて早く寝るので朝早く起きてしまい、結局暇。まあ一人だとそれ以上はしょうがないことなのかも。

次に持っていったほうが良かったもの。「国際キャッシュカード」と「Wi-fi使える機器」ヨーロッパはどこでもATMあってお金下ろせたし、金利もいい。またどんな喫茶店でもフリーの無線LANが使えた。日本のニュース入ってこないし、連絡も取れないし、ちょっと調べたいこととか出てくるから絶対あったほうがいい。

帰国後気付いたけど国際電話、あれにはぼったくられた。オーストリアとその周辺の国とかには、公衆電話に国際電話かけれるよというシール貼ってあって、それでかけてたんだけど、完全にだまされてて、帰ってから7~8万円分請求が来た。全部で10分くらいしか話してないのに。実は公衆電話とは無関係の業者が勝手に接続してるらしく、よそでも大問題になってるけど、今後行く人は注意。上のとあわせると、日本への連絡はSkypeがベストなのでは。

現地のレストランに頑張って入ってみたのは良かった。ほとんどうまく話せなかったけど、それなりにその国の美味しいものを食べれた。どの料理も美味しかったし、楽しめた。でも不思議なことに今思い返すと、そんなに美味しかったかなと思ってしまう。

写真は2000枚以上撮ってた(笑)やっぱり1眼は違うなーという感じ。後、被写体がいいのでいい写真たくさん撮れた。

とにかく歩いたたびだったけど、4週目からが本当に脚が動かなくなったから驚いた。

街を流れている時間と自分に流れている時間があった時、すごい気持ちよく感じるのだと思った。だからスロヴェニアはとても気持ちよかった。今度来たらまたそれが変わってるかも。


とっても充実した4週間でした。しばらく日本に閉じこもっててもいいかな(笑)

質問とかある方がいらっしゃったら、見知らぬ方でも気にせずコメントしてくださいね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

maihama

Author:maihama
はじめまして、舞浜です。
舞浜という名前ですが、今は山口県宇部市に住んでいます。
自転車ロードレースやっています。
内房レーシングクラブという木更津のチームに所属しています。

※東ヨーロッパの旅行については、下のカテゴリーからヨーロッパ旅行に進んでください。ご質問もいつでも受け付けているので、コメントください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
モラタメ
登録すればいろいろな商品をもらえたり試せたりします!抽選だけど、案外もらえてうれしいです笑
FC2カウンター
twitter
リンク
検索フォーム
トリップアドバイザー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。